初心者のためのコンテンツマーケティング講座

コンテンツマーケティングについて情報提供しているサイトです。コンテンツマーケティング初心者のマーケターの方でもわかるように基礎から解説しています。

コンテンツマーケティングとは?コンテンツSEOの違いを理解!


Web担当者のみなさま、こんにちは。コンテンツマーケティング侍です。

近年何かと話題のコンテンツマーケティングですが、コンテンツマーケティングについて情報収集をしていると、「コンテンツSEO」ということばをよく目にするかと思います。その際、

「コンテンツSEOってコンテンツマーケティングと何が違うの?」

「同じような意味で使われてるときもあるし、ややこしい…」

というような悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングで成果を出していくためには、S両者の区別をしっかりとつける必要があります。

この記事では、コンテンツマーケティングとコンテンツSEOについて、その違いがスッキリわかるように解説していきます。

 

定義の確認―コンテンツマーケティングとは

まずは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、それぞれの定義を確認しましょう。

コンテンツマーケティングの定義

コンテンツマーケティングは、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供し続けていくことでユーザーを惹きつけ、購買につながる行動を引き起こすマーケティング手法のことです。

コンテンツマーケティングの定義についてより詳細な情報が知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

コンテンツSEOの定義

コンテンツSEOとは、質の高いコンテンツを制作・配信しつづけていくことで検索順位を上げていくSEO手法のことです。

継続的にコンテンツを制作・配信していくことでサイトの露出が増え、自然な被リンクを徐々に獲得していくことができるというわけです。

 

最大の違いは目的!

さて、ここまでコンテンツマーケティングとコンテンツSEOの定義の違いを確認してきましたが、結局両者の最大の相違点は何なのでしょうか?

結論から言いますと、それは施策の目的です。

コンテンツマーケティングの目的が集客・ファン獲得などの総合的なマーケティング全般の強化なのに対して、コンテンツSEOの目的はあくまでも検索エンジンでの露出回数を増やすことです。

コンテンツマーケティングがマーケティング全般を視野に入れた施策であるのに対して、コンテンツSEOはあくまでもSEOのみに焦点を絞った施策だというわけです。

上記の目的の違いに付随して、コンテンツの露出方法やアプローチ可能なターゲットにも差が生じてきます

コンテンツの露出方法は、コンテンツSEOがあくまでも検索エンジン上でしか露出できないのに対して、コンテンツマーケティングは検索エンジン以外のソーシャルメディアなども利用できます。

それゆえ、アプローチ可能なターゲットについても、コンテンツSEOはあくまでも検索してくるユーザーに対してのみアプローチでき、逆に言えば検索するほどのWillのない潜在顧客層にはアプローチできないのです。

 

違いをしっかりと理解したうえでの施策の実践を!

以上、コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

両者がそもそも全くもって別の施策だということをわかっていただけたら幸いです。

違いを理解したうえで、コンテンツマーケティングとコンテンツSEOどちらがみなさまの現状に適切なのかを判断して、施策を実践していきましょう!

カテゴリー:基礎編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + seven =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)