初心者のためのコンテンツマーケティング講座

コンテンツマーケティングについて情報提供しているサイトです。コンテンツマーケティング初心者のマーケターの方でもわかるように基礎から解説しています。

【徹底解説】コンテンツマーケティングのメリット・デメリット


Web担当者のみなさま、こんにちは。コンテンツマーケティング侍です。

最近なにかと話題のコンテンツマーケティング、実施を検討している方も多いのではないでしょうか?

しかし、そのメリット・デメリットをしっかりと把握せずに施策を行うと、成果が出ずに終わってしまう恐れがあります。

というわけで、この記事では、そんな方々に向けて、コンテンツマーケティングのメリット・デメリットを一挙に解説していきます。

(「そもそもコンテンツマーケティングってなんだっけ?」という方は、こちらの記事を参照してください。)

 

コンテンツマーケティングのメリット

まずは、メリットから解説していきます。

 

メリットその1:導入へのハードルが低い

コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツと、それを発信する場さえあればはじめることができます。

その最もベーシックな形態はブログでしょう。その取っつきやすさは、他のWebマーケティング施策と比べてもピカイチで、大きなメリットだといえるでしょう。

 

メリットその2:顧客との長期的関係が構築可能

コンテンツマーケティングは、1回顧客に情報を提供して終わり、というのではなく、顧客をファン化することがポイントです。

ここに成功すれば、顧客と長期的な関係を構築することができます。

 

メリットその3:コンテンツを資産として蓄積できる

他の広告手段とコンテンツマーケティングの最大の違いは、コンテンツマーケティングのコンテンツは資産として残り続ける、ということです。

そのコンテンツが有益なものであり続ける限り、コンテンツは資産として蓄積されるのです。出稿期間のみ世に出る広告とは異なります。

 

コンテンツマーケティングのデメリット

コンテンツマーケティングにはデメリットもあります。続いてはそれについて解説していきます。

 

デメリットその1:コンテンツ制作に工数がかかる

コンテンツマーケティングは、コンテンツを制作・配信しないことには実施できません。(アタリマエですね)

ユーザーにとって有益なコンテンツを継続的に制作するのには、それなりの工数がかかります。よって、人員・工数に余裕がない企業には不向きといえるでしょう。

 

デメリットその2:即効性はない

コンテンツマーケティングは、じっくりと顧客との関係を築いてコンバージョンに結びつけていくマーケティング手法です。よって、はじめたからといってすぐに成果に結びつくわけではありません。

これは、出稿さえすればすぐに成果が期待できる広告とは正反対です。よって、緊急で成果を求められている企業には不向きです。

 

メリット・デメリットを把握したうえでの判断を!

ここまで見てきたように、コンテンツマーケティングにもメリット・デメリットはあり、すべての企業にとって適切なマーケティング手法だとはいえません。

自社の状況とコンテンツマーケティングの特性を十分に照らし合わせたうえで、実践するかどうかの判断を下しましょう。

カテゴリー:基礎編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)